最新情報

ホーム > 最新情報 > 東北関東大震災 「人工呼吸器を利用する在宅医療患者の搬送」

東北関東大震災 「人工呼吸器を利用する在宅医療患者の搬送」

この度、震災で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。毎日の新聞、ニュースで惨状を目の当たりにし、心が痛む毎日です。今私達が出来ることを、一生懸命にやり、少しでも皆様の力になれるように応援していきます。

 

先日、厚生労働省より今回の被害により、東北電力による計画停電の影響による「人工呼吸器を利用する在宅医療患者の緊急相談窓口の設置」について指針が出ています。

原則的に医療関係者からの相談がメインとなり、国立病院機構、労災病院、社会保険病院、に設けられるという事です。

その指針には、患者様の搬送については、自家用車、または民間救急を活用願います。記してあります。やむを得ない緊急時を除き救急車の利用をさけてください。とあります。

この指針の指す民間救急とは、基本的に人工呼吸器の電源装置を持つ車輌と考えられます。弊社の車輌は救急車型車両にはもちろん福祉系車輌にも電源装置が設けてあります。

 

各地域の医療機関の皆様、是非この機会にお近くの民間救急の事業所を再確認して、非常時に備えて頂けるとありがたいと思います。

民間救急車には、電源装置はもちろん、吸引器なども装備しております。非常時に慌てないように日頃のご準備をお願い致します。

SH3C0051.jpg

 

最新情報一覧 | RSSリーダーにご登録ください RSS