民間救急サービス

ホーム > 民間救急サービス

民間救急サービス

民間救急サービスって?

救命を主眼とし、傷病者の観察と応急処置を行い、速やかに適切な医療機関に搬送するのが消防救急の活動の原則です。

これに対して民間救急サービスは、緊急性の少ない方の入退院や通院、転院、社会福祉施設への送迎時などに移動手段を提供しているサービスです。正式には「民間患者等搬送事業」と呼ばれ、消防庁の指導基準(平成元年10月4日消防救第116号各都道府県消防主管部長あて消防庁救急救助課長通知)に基づいています。

希望する医療機関への搬送が可能です。

消防救急は緊急性は高い傷病者を迅速に医療機関へ搬送するのが原則です。
民間救急は患者様又はご家族の希望する病院へ搬送することが可能で、県外や遠隔地への搬送が可能です。

患者様の搬送中の緊急対応が可能です。

重篤な患者様の搬送時において、寝台タクシーと異なり、搬送元のドクター、又は看護師を同乗させる事が出来、緊急時いおいて消防救急車と同等の設備を持った民間救急車内では適切な緊急対応が可能であり、患者様のより安心な搬送が可能です。

希望する長時間の待機利用も可能です。

患者様、又はご家族の希望による冠婚葬祭等、長時間の外出等においても消防救急車とは異なり搬送はもちろん、当社看護師等の付き添いを含め民間救急車での待機が可能です。
緊急時において適切な応急処置を継続しながら消防救急への引渡しが可能です。

民間救急サービスとは、消防署の行う救急車搬送に対して、

  1. 国土交通省各運輸局長による道路運送法『一般旅客自動車運送事業』の認可
  2. 所轄消防署による『患者等搬送事業所』の認定

を受けた民間の法人等が、お客様のご依頼により、起き上がることが困難な方や移動中座位を保つことが困難な方をご自宅や医療機関等のベッドからベッドまで寝たままの状態でご家族の手を借りずにご利用になれる患者搬送サービスです。

  • 民間救急の乗務員は所轄消防署の『患者等搬送乗務員』適任証を受けた2名以上(通常は2名)が乗務し、その中の第二種自動車運転免許所持者が運転をいたします。
  • 民間救急の車両は所轄消防署より車両仕様及び積載資器材の審査を認定された『患者等搬送用自動車』で認定マークのシールが貼られています。
  • 民間救急のご利用料金は地域の運輸局ごとに認可されております。発着先が同じでも料金に差がでることがあります。また車両仕様や搭載資器材、サービス内容も事業者によって大きく異なります。